ハピタスでしっかりお小遣いやマイルを貯めて、お得にハワイに行こう!

こんにちはFUNランナーです。

ハワイ好きの皆さんこんにちは!

『ハピタス』をまだ使っていないんですか!?

実にもったいない。

これ読んで今日からちゃんと使ってくださいね。

そしてお得にハワイにいきましょう。

ハピタスでしっかりお小遣いやマイルを貯めて、お得にハワイに行こう!

改めてまして

みなさんはハワイが好きですか?

私は大好きです。

正確には妻も娘も家族みんなが大好きです。

できることなら毎年行きたいです。

そして少しでも安くハワイに行きたいです。

なので航空券はいつもマイルでGETすることを目指しています。

そう陸マイラーです。

でも出張族じゃないんでもちろんフライトマイルなんて貯まりません。

かと言って私のような普通のサラリーマンでは、ショッピングマイルだけでハワイ往復できるほどのマイルをGETするのは簡単ではありません。

そこで我が家では、ハピタスを使ってJALマイルを貯めています。

毎年コツコツとマイルを貯めて、今では家族3人で毎年ハワイ旅行に行っています!

是非、最後まで読んで、皆さんもマイルをしっかり貯めてください!!

ちなみにマイラーじゃない方でも大丈夫!!

ハピタスはもちろん現金にもできますので、ご安心を。

 

ハピタスとは何か?

ではまずハピタスとはなんぞや?って事から。

ハピタスとはいわゆる「ポイントサイト」です。

ポイ活って聞いたことないですか?

あれです。

『なんだポイ活かぁ』

そう思ったあなた。

まぁそう言わず。

損はしませんからもうちょい読んでください。

 

普段、楽天とかヤフーとかネットで買い物しますよね?

で、金額に応じてポイントが貰えるじゃないですか。

それとは別にダブルでポイントがもらえるって話です。

ハピタスを使うと。

もちろん換金できます。

もう1回言います。

楽天ポイントなどのポイントとは別にもらえます。

そう、ポイントの2重取りってやつです。

 

使い方は超簡単

で、使い方も簡単。

ネットショッピングをする時にハピタスのサイトを経由するだけ。

難しいことは一切ありません。

例えば、楽天で買い物したかったら、直接楽天のサイトに行かず、ハピタスのサイトをいったん経由するだけ。

『経由する??』

そう言われてもピンとこないと思いますが。

下の写真がハピタスのサイトですが、そこの『ポイントを貯める』ってとこをクリックするだけ。

ハピタスの経由するだけ、を説明する画像

そこをクリックすると楽天とかヤフーショッピングのページに移動してくれます。

あとはいつも通り普通に買い物。

これで経由したことになります。

やることはたったそれだけで。

それでポイント2重取り。

はい、やらない理由あります?

ないです。

これ初めて知った時、びっくりしました。

もっと早く知りたかった…って悔しさに震えました。

はい、あなたもすぐに始めてください。

 

『ネットショッピングばっかりしないし』

今、そう思いましたか、あなた。

そんな方でも大丈夫。

ふるさと納税とか、ピザのネット注文とか、ホテルの予約とか、食べログで居酒屋の予約とか、レンタカーの予約とか、クレカを作るとか、携帯の契約とか、ほかにもまだまだいっぱい。

提携企業数は実に5,000以上。

生活の中の色々なシーンでハピタスは使えます。

要するに、ネットショッピング以外にもポイントが貯まる仕組みがいっぱいあるってこと。

 

とにかく、やって損はしないんだから、まだの人は絶対使ってくださいね。

 

話が分かった方は、さっそく無料登録してはじめてください↓↓
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ポイントの2重取り、3重取りもできます

先ほども言いましたがもう1度。

もちろんショッピングサイトのポイントもこれまで通り貯まります。

楽天であれば、楽天ポイント。

ヤフーであればPayPay。

それとは別にハピタスのポイントが2重で貯まるんです!

さらに。

もしそれをクレジット決済したのであれば、クレジットカードのポイントも付与されます。

そう。

3重取りもできるんです!!

どうでうすか?

これはやらない手はないですよね?

はい、始めてください。

 

話が分かった方は、さっそく無料登録してはじめてください↓↓
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

 

貯まったハピタスポイントはもちろん現金にもできます

そして、貯まったハピタスポイントは1ポイント=1円で現金化することができます。

自分の指定する金融機関に手数料無料で振り込んでもらえるんです。

ハピタスを現金と交換する時のPC操作画面の画像

現金のほかにも、 Pollet、Amazonギフト券、楽天スーパーポイントなど色々なものに交換ができます。

その他の交換可能なもの
・Pollet(ポレット)
・Amazonギフト券
・楽天スーパーポイント
・App Store & iTunes
・Google Play ギフトコード
・Gポイントギフト
・QUOカードPay
・nanacoギフト
・楽天Edy
・ハピタスアウトレット
・ハピタスコミック
・ビットコイン
・WebMoney
・Bit Cash
・PeXポイント
・NetMile
・ドットマネーギフトコード

 

話が分かった方は、さっそく無料登録してはじめてください↓↓
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

 

JALマイルにも交換できます!我が家はこれ。

先ほども言いましたが我が家は陸マイラーです。

そこで我が家では、ハピタスで貯めたポイントを現金化せず、JALマイルに交換しています。

先ほども言いましたが、ネットショッピング以外にもポイントが貯まる仕組みがたくさんあります。

それらを駆使して、コツコツとJALマイルを貯めているんです!!

関連記事

こんにちはFUNランナーです年末年始に行ってみたい所と言えば、誰が何と言おうとハワイ!普段、まとまった休みを取るのが大変な我々サラリーマンにとって、年末年始はGWよりも多少長めに休みが取りやすいのでハワイに行く絶[…]

 

ちなみに、JALマイルに交換する場合には、残念ながら現金化のように1ポイント=1円はなく、2ポイント=1マイルと半分にはなってしまいます。

でも、1マイル≒2.5円くらいの価値はありますので、結果的には1ポイント=1.25円に交換できたことになりますので、 JALマイルに交換することは決して損ではありません。

この方法で我が家ではそれをコツコツとJALマイルを貯めて、毎年、家族3人分のハワイ往復の特典航空券(12万マイル)をGETしていします!

なお、ANAマイルにも交換できますので、ANA派の方もご安心を。

 

話が分かった方は、さっそく無料登録してはじめてください↓↓
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

怪しいサイトじゃないの?

話がうますぎて逆に怪しいと思う方もいると思います。

よくネットで「ハピタス 怪しい」とか検索されているのを見かけますが、全くそんなことはありません。

私が言っても信用されないかもしれませんが、

でも、もし詐欺まがいのような怪しいサイトであればコンプラに敏感なテレビでCMしたりしませんよね。

ある意味、それが信用できるサイトであることを証明してくれていると思います。

「お買い物あんしん保証」という制度もあり、万が一、ポイントが付与されないことなどが生じても、ハピタスが広告主にちゃんと状況を確認してくれて、ポイントが無事に付与されるまでフォローしてくれます。

 

ハピタスが怪しくない件については、別の記事で詳しく説明していますので気になる方はそちらもチェックしてみてください↓↓

関連記事

こんにちはFUNランナーです。『ハピタス』『怪しい』って検索して、この記事にたどり着いてくれた方、こんにちは。もしくは、たまたまたどり着いてしまった方、偶然のご訪問ありがとうございます。きっと、あなた[…]

 

買い物サイト以外にも、色々なサービスの企業が提携しています

ただ、買い物だけでハワイ往復のJALマイルを貯めるのは正直時間がかかります。

例えば、1%還元のYahooショッピングの買い物で4万マイル(=8万ハピタスポイント)を貯めようとしたら800万円分の買い物が必要です。

「そんな金があったらポイント貯めなくても自力でハワイ行けるわっ!!」て、つっこまれそうですが、そこはご安心を。

ハピタスの提携企業数は5,000以上

先ほどお話しした楽天やヤフーショッピングなどのネットショップ以外にも色々なシーンで活用できるようにたくさんのジャンルの企業が参加しています。

要するに、買い物以外にもポイントが貯まる仕組みがいっぱいあります。

買い物した額の何%還元のようなものばかりではなく、例えばクジットカードを作ったら4000ポイントとか、マッサージを利用したら○○○ポイントとか、一撃で高額ポイントをGETできるものもあります。

それと、ふるさと納税なんかもあるんですよ。

我が家はもちろんふるさと納税を行う時もハピタスを経由させています。

1万ポイントを超えるような神案件もありますので、そういった案件を逃さずこなしていくことで特典航空券にも割と早く手が届くようになります。

特に年会費無料のクレジットカードなどはおすすめです。

こちらの記事で、我が家がジャンル毎にどのように使っているかを実例を交えながらもう少し詳しく紹介しています↓↓

関連記事

こんにちはFUNランナーです。この記事にたどり着いて頂けたということは、あなたはハピタスのことを色々調べられているのではないでしょうか。今回は、ハピタスの使い方がいまいち分からないという方のために、我が家がど[…]

 

ただ、残念ながらみんな大好きAmazonは残念ながらポイント対象外なんです。

でもちゃんとAmazonでもJALマイルをGETできますので、詳しくはこちらの記事をチェックしてください↓↓

関連記事

こんにちは、FUNランナーです。みなさんはAmazonで買い物をしたことがありますよね。そして、このサイトに辿り着かれたという事はJALマイルも貯めていますね。私もJALマイルを頑張って貯めています。[…]

 

登録はこちらから↓↓
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

さっそくハピタスを使おう!

ここまで読んでいただいたあなたなら、もうハピタスを使わない理由はないですよね。

ハピタスが何か分かったところで、さっそく使えるようにしましょう。

 

まずは会員登録(もちろん無料)

ハピタスはもちろん誰でも利用することができますが、最初に 会員登録 が必要です。

ハピタスの登録はもちろん完全無料。年会費等も一切発生しません。

さきほども言いましたがハピタスはそもそもユーザーから会費を集めるようなビジネスモデルではありませんので、年会費がなくて当然です。そこはご安心ください。

と言うことで、何はともあれ、まずは会員登録をしましょう。

会員登録はこちらから↓↓(ハピタスの公式サイトに移動します)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

上の画像をクリックするとハピタスの公式サイトに移動します。

移動したら『会員登録(無料)する』をクリックします。

ハピタスの無料会員登録の操作を説明する手順1のPC画面画像

 

 

あとは、会員登録フォームの流れにそって進めるだけでOKです。

全然時間はかかりません。

ハピタスの無料会員登録の操作を説明する手順2のPC画面画像

 

ここが大事です!
登録したメールアドレスに認証メールが届くので、本文中のURLをクリックして、認証することをお忘れなく!

 

実際に利用してみよう

ハピタスに登録することができたら、実際にハピタスに掲載されているサービスを利用して、ポイントを貯めてみましょう。

先ほどからずっと『ハピタスを経由する』と言っていますが、どういうことか説明します。

①公式ページにアクセス
まずはハピタスの公式ページに行って「ログイン」をクリックします。

ハピタスの利用手順を説明する手順1のPC画面画像
ハピタスの利用手順①

 

 

②ログイン
つぎにログイン画面で、登録時の「メールアドレス」と「パスワード」を入力します。

ハピタスの利用手順を説明する手順2のPC画面画像
ハピタスの利用手順②

 

 

③利用するサービスを検索
検索バーで利用したいサービスを検索。『エクスペディア』とか入力して、「検索」をクリック

ハピタスの利用手順を説明する手順3のPC画面画像
ハピタスの利用手順③

 

 

④「ポイントを貯める」をクリック
ポイントをためるをクリックしたら、エクスペディアの公式サイトに移動します。
あとはいつも通りエクスペディアを使うだけです。

ハピタスの利用手順を説明する手順4のPC画面画像
ハピタスの利用手順④

 

どうですか?

経由すると言う意味が分かりますよね。

本当にハピタス上では何もしないんです。

経由するだけ。

 

まとめ

どうですか?

今まで知らなかったあなたには衝撃的じゃないですか?

私は初めてハピタスを知った時は、本当に衝撃的でした。

今からでも全然遅くありません。

これからはネットでポチる前には必ずハピタス経由でポチりましょう!

 

登録はこちらから↓↓
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

どんどんポイントを貯めて我が家のようにJALマイルに交換してハワイの往復特典航空券をGETするも良し、現金化してお小遣いにするも良しです。

お互いにハピタスでお得に人生を楽しんじゃいましょう!

おまけ

我が家は、ハピタスでJALマイルを貯めて年2回ハワイに行きますが、その内の1回はJALホノルルマラソンに参加しています。今年も既にホノルルマラソン時期の特典航空券を予約しました。

1度でいいからホノルルマラソンに出てみたいなぁと考えている方は、ホノルルマラソンの記事なんかも書いていますので、よかったら、こちらの記事も合わせてチェックしてみてください↓↓

関連記事

こんにちはFUNランナーです。みんな大好きハワイ。そこで行われる年1回のお祭りマラソン。それがホノルルマラソン。この記事では、そんなホノルルマラソンをまるっと解説。エントリー方法からゴ[…]

ではまた。