アディゼロ ジャパン6 レビュー。良くも悪くもオールラウンダーかな

こんにちはFUNランナーです
アディダス好きの皆さん、こんにちは。
アディダスって本当にコスパがいいですよね。
今回はそんなアディダスの「アディゼロジャパン6を購入しましたのでレビューしたいと思います。
あなたのシューズ選びの参考となれば幸いです。

アディゼロジャパン6 レビュー。良くも悪くもオールラウンダーかな

アディゼロ ジャパン6(adizero japan6)アイキャッチ

 

このシューズのターゲットは?

まず最初にターゲットの確認から。

アディダスのサイトで下の表を見つけました。

アディゼロ ジャパン6(adizero japan6)ターゲット

 

「SUB3.5」のところに星印がついています。

どうやらアディゼロジャパン6はサブ3.5のランナーがメインのターゲットのようです。

私のジャパンに対するイメージも、やはり「サブ4以上のランナーがレースで履くシューズ」

私が初めて4時間を切ったのが、何世代も前にはなりますが、このアディゼロジャパンでした。

今よりも、もっとハードな仕様で。

重さも、確か28cmで200gを切っていたと記憶しています。

 

でも実はオールラウンドシューズかも?

そんなアディゼロジャパン6。

ただ、実際に走ってみると少し感触が違いました。

私の感想としては、

ビギナーからサブ4ランナーまでが使えるオールラウンダーなシューズです。

 

その理由は後ほどお伝えするとしてまずは外見のチェツクから。

 

 ネットでシューズをポチる時はハピタスでお小遣いゲットをお忘れなく

 

アッパー

アディゼロジャパン6のアッパーはこんな感じです。

アディゼロ ジャパン6(adizero japan6)上からの写真

アッパーに関しては、前作から細かい変更はあれど大きなデザイン変更はないようです。

やはりシュッとしていてかっこいいデザインです。

私はいつも普段履きにもしています。

アッパー素材

アッパーの素材はプラスチック系の通気性の良さそうなメッシュです。

アディゼロジャパン6(adizero japan6)アッパー素材

 

つま先

つま先部分はこんな感じ。

アディゼロジャパン6(adizero japan6)つま先部分

丈夫そうです。

 

 ネットでシューズをポチる時はハピタスでお小遣いゲットをお忘れなく

 

 

シュータン

次にアディゼロジャパン6のシュータンです。

アディゼロ ジャパン6(adizero japan6)シュータン

シュータンはちょい薄めの伸縮系です。

私が持っているアディゼロプロとほぼ同じです。

アディゼロプロ adizero proのシュータン

関連記事

こんにちはFUNランナーです皆さん、アディダスのランニングシューズは好きですか?コスパが良くて私は大好きです。もちろん愛用しているランニンズシューズはアディゼロシリーズばかりです。今回はそんなアデ[…]

 

 ネットでシューズをポチる時はハピタスでお小遣いゲットをお忘れなく

 

ミッドソール

次にアディゼロジャパン6のミッドソールです。

ミッドソールは前作からかなり大幅にアップデートされています。

アディゼロ ジャパン6(adizero japan6)ミッドソール①

これ本当にジャパンなの?

ってくらい厚底です。

 

厚さは実測で4cm弱くらい

厚さを実測してみました。

アディゼロ ジャパン6(adizero japan6)ミッドソール②

約4cmくらいです。

世界陸連の新ルールではマラソンシューズのソールは4cm以下。

ほぼギリギリまで厚底になっています。

時代ですねぇ。

 

 ネットでシューズをポチる時はハピタスでお小遣いゲットをお忘れなく

 

アディゼロジャパン5と並べてみると

前作のアディゼロジャパン5と並べるとその違いがよく分かります。

アディゼロ ジャパン6(adizero japan6)ミッドソール③

かかと部分の厚さも違いますが、Boostの使われている位置も変わっていますね。

 

アディゼロプロと並べてみると

アディダス初代厚底のアディゼロプロとも並べてみました。

アディゼロ ジャパン6(adizero japan6)ミッドソール④

Boostの使われ方が全然違いますが、厚さはほぼ同じです。

と言う事でジャパンはもう厚底シューズになったということですね。

 

Boostはこんな感じ

先ほども言いましたがBoostの位置が変わりました。

前作はかかと部分でしたが、今作はつま先から中央部分にかけて入っています。

アディゼロジャパン6(adizero japan6)ミッドソール つま先部分

アディゼロ ジャパン6(adizero japan6)ミッドソール⑤

て言うかBoostとは書いてませんね。

よく見ると「LIGHT STRIKE PRO」と書かれています。

LIGHT STRIKE PROって何ですか?

良く知りませんが、超軽量で高反発な素材なんでしょう。きっと。

もうBoostとは言わないんですね。

そう言えば、アディゼロ アディオス プロはこの素材ががっつり使われていますね。

アディゼロアディオスプロ

きっと凄いシューズなんでしょうね。

あれなら10kmで40分を切れそうな気がしてきます。

欲しいなぁ… アディゼロ アディオス プロ

高くて買えませんが…

今はさらに進化したアディゼロ アディオス プロ2が出ているらしいです。

いいなぁ。欲しいなぁ。

高くて買えんけど。

 

 

 ネットでシューズをポチる時はハピタスでお小遣いゲットをお忘れなく

 

かかと部分

かかと部分はこんな感じ。

アディゼロジャパン6(adizero japan6)かかと部分

こちらは全面「LIGHT SRRIKE」という素材が使われています。

反発力はそこまで大きくないけど、軽量かつ丈夫な素材なんでしょうか。きっと。

本当は「LIGHT STRIKE PRO」を使えるといいんでしょうけど、コストがかかるんでしょうね。

 

アウトソール

次にアディゼロジャパン6のアウトソールです。

アディゼロジャパン6(adizero japan6)アウトソール①

アディゼロジャパン6(adizero japan6)アウトソール②

アディゼロジャパン6(adizero japan6)アウトソール③

ボツボツタイプではないので、長持ちしそうです。

これなら遠慮なく走ることができます。

 

 ネットでシューズをポチる時はハピタスでお小遣いゲットをお忘れなく

重さ

最後にアディゼロジャパン6の重さです。

アディゼロジャパン6(adizero japan6)の重さ

28.5cmで重さは258.9gでした。

そこそこの重さです。

もう昔のジャパンとは全く違うシューズになっていますね。

同じサイズで200gを切っていたナイキのズームXヴェイパーフライネクストがいかに軽いかが良く分かります。

やはり名機ですね、あのシューズは。

もう1度あれでフルマラソンを走ってみたいです。

高くて買えませんが。

 

 

 ネットでシューズをポチる時はハピタスでお小遣いゲットをお忘れなく

 

アディゼロ ジャパン6の使用感は?

さて、それでは最後にようやくアディゼロ ジャパン6の使用感です。

 

その前に私の走力ですが、フルマラソンのベストは3時間29分です。

ギリギリではありますが、一応サブ3.5ランナーです。

関連記事

こんにちはFUNランナーですご訪問いただきありがとうございます。この記事にたどり着いてくれたということは、あなたはサブ3.5を目指すランナーですね。この記事があなたのお役に立てば幸いです。月間距離150k[…]

 

レース用のシューズは、アディゼロ タクミ レン(Adizero Takumi ren)です。

サブ3.5はそのレンで達成しました。

 

履き心地は?

まずアディゼロ ジャパン6の履き心地です。

かなり厚底になりましたが、あの少し浮いたような厚底シューズ独特のフワフワ感は特にありません。

厚底ではありますが、やはりかかと部分の素材が違うからだと思います。

Boost好きの私は正直もう少しバネ感が欲しいなと感じました。

まぁ、逆に言うと「あの厚底のフワフワが苦手」という人にはいいかもしれません。

あとはアッパーがけっこうしっかりしているので、履いていて安心感があります。

ハードシューズで感じる「壊れそう」っていうあれは一切ありません。

 

 ネットでシューズをポチる時はハピタスでお小遣いゲットをお忘れなく

 

推進力はぼちぼち

次に走った感じですが、反発素材のLIGHT STRIKE PROがかかと部分に入っていないため、かかと着地派の私にはそこまで推進力は感じませんでした。

ゆーてもサブ3.5のランナーがターゲットなんで、きっとフォアフットで走る上級者を意識してるんでしょうね。

きっとフォアフットの人には恩恵があるのだと思います。

そんなこんなで前作のジャパンの方が私には推進力がある印象です。

カーボンプレートが入るとはやりもっと推進力が上がるのでしょうか?

 

クッション性ばっちり

次にクッション性ですが、これだけの厚底なだけあって、やはりクッション性はばっちりです。

膝にめちゃめちゃ優しいシューズだと思います。

特にフルマラソンにおいては30キロ以上で足の疲労感が全然違ってくるのではないでしょうか。

 

重さがまぁまぁ気になるかな

少し残念なのは、シリアスランナー向けにしては少し重いかなぁと思います。

フルの大会で使おうとすると、後半重さが気になるんじゃないかな。

やっぱすげぇなナイキのズームXヴェイパーネクスト。

 

 ネットでシューズをポチる時はハピタスでお小遣いゲットをお忘れなく

 

対象は全てのランナー

と言うことで、このアディゼロジャパン6に向いている人としては「全てのランナー」ってことになると思います。

実際にキロ7分〜キロ4分くらいで走ってみましたが、どのスピードだと気持ち良く前に進むという特定のスピードはなかったように思います。

逆に言うとどのスピードで走っても対応してくれるとも言えるかな。

まぁ、良くも悪くもオールラウンダーって感じだと思います。(アディダスの方、偉そうにすみません(_ _))

ただ、過去のもう少しハードスペックなジャパンを履いていた人間としては、そのオールラウンド具合が寂しいというか、もう少しエッジが効いていてもいいのになぁと思ってしまします。(本当に偉そうにすみません)

 

なので、使い方としては、サブ4〜サブ3.5の人は練習用。

サブ3.5の人がレースで使うにはやはり少し重いと思います。

また、4時間以上の人は練習用でもレース用でもOKかなぁと思います。

 

と言う事でいかがでしたか?

アディゼロジャパン6。

あなたのシューズ選びの一助になれば幸いです。

 

 

それと、ネットでポチるときはハピタスなどのポイントサイトを経由することをお忘れなく!

ハピタスをご存知ない方はこちらをどうぞ↓↓

関連記事

こんにちはFUNランナーです。ご訪問いただきありがとうございます。この記事では、『ハピタス』について、できれるだけ分かりやすく解説しています。ぜひ最後までお付き合いください。ハピタスとは?お得なポ[…]

 

おまけ

この記事に辿り着いてしまうくらいランニングが好きなあなた。

ホノルルマラソンに参加したことはありますか?

私が言うのも何ですが、はっきり言ってめちゃめちゃおすすめです。

私は2008年に初めて走ってからすっかりその魅力に取り憑かれ、これまでに7回出場しました。

サラリーマンには色々とハードルが高いですが、もし出たことがないのであれば是非一度チャレンジしてみてください。

一生の思い出になりますよ。

 

絶対におすすめ!

ホノルルマラソンについてもっと詳しく知りたい方は、こちらでチェック↓↓

関連記事

こんにちはFUNランナーです。「ホノルルマラソン」で検索して、この記事に辿り着いてくれた方、こんちには。もしくは、たまたまこのサイトに来てしまった方、偶然のご訪問ありがとうございます。この記事では、ホ[…]