ふるさと納税って本当にお得?ポイントサイト経由で実質タダに

こんにちはFUNランナーです
皆さんは「ふるさと納税」やっていますか?
私はかれこれ7年くらいやっています。
自己負担は2,000円でOKって話ですが、皆さんは実際に2,000円で済んでいるか確かめたことはありますか?
私は恥ずかしながら先日はじめて確認してみました。
確かに2,000円でした。
しかもポイントサイト経由で2,000円以上のポイントがついたので実質タダです。
今回はそんな「ふるさと納税」のお話です。
宜しければ最後までお付き合いください。

ふるさと納税って本当にお得?ポイントサイト経由で実質タダに

ところで皆さんはふるさと納税で何をもらっていますか?

ふるさと納税の楽しみと言えばなんと言っても返礼品ですよね。

私は基本ビールです。

始めたばかりの頃は、やれ「いくら」だとか「牛肉」だとか「みかん」だとか色々と口コミなんかを見ながら選んでいましたが、面倒でやめました。

ここ3年くらいはもっぱら「泉佐野市」のビールです。

もちろん泉佐野市は私の故郷ではありませんが、あの攻めた還元率が目当てでした。

でも攻め過ぎちゃったんで、2019年に制度が改正され、返礼品は「寄付額の3割以下の地場産品に限る」って言うルールになっちゃいました。

そして、泉佐野市は一旦退場を命ぜられることに。

その後、何とか復活したものの、もちろん新制度を守る必要があるため、あの魅力的な価格設定ではなくなりました。

まぁ、その話は置いておいて。

でもやっぱり色々と選ぶのが面倒なので、以前よりお得ではなくなりましたが、結局、今年もビールにしました。

それと娘のリクエストを少々。

ちなみに今年は、今のところこんな感じです。

 

・鉄板の銀色のやつを3ケース:15,000円×3=45,000円

ふるさと納税 返礼品 ビール アサヒスーパードライ

・安定の黒いやつを1ケース:15,000円

・娘リクエストのハンバーグ:12,000円

・同じく娘リクエストのバームクーヘン:12,000円

以上、合計84,000円。

年末までにもう少しビールを追加しようと思っています。

ポイントサイトを経由するとさらにお得に

それで、実質タダになった話ですが。

ふるさと納税を行う時にポイントサイトを経由するとポイントバックされて、2,000円以上のポイントが貰えたって話です。

皆さんはポイ活やっていますか?

我が家は陸マイラー家族なので、もちろんやっています。

日々贅沢をせず、ポイ活でコツコツとマイルを貯めて年2回、ハワイの往復特典航空券をGETしています。

ちなみに、おすすめのポイントサイトは「ハピタス」です。

 

ハピタスを知らない方はまずはこちらから↓↓

関連記事

こんにちはFUNランナーです。『ハピタスとは』で検索して、このサイトにたどり着いてくださった方、こんにちは。偶然たどり着いてしまった方、ご訪問いただきありがとうございます。この記事では、ハピタスとは何[…]

 

そして、ふるさと納税サイトはいつも「さとふる」を利用しています。

楽天ふるさと納税とか、ふるさとチョイスとか、ふるなびとか色々なサイトがありますが、我が家は「さとふる」です。

品揃えの違いは多少あれど、どこも似たような値段設定です。

だったらポイントサイト経由で利用できるところってことで「さとふる」にしています。

今ならハピタスで「3%」のポイントが付きます!

ハピタスのさとふるの検索結果画面

3%ですよ!

これ結構でかいです。

今年は今のことろ84,000円の寄付で、ハピタスから2,520ポイントが付与されました。

下の画像が付与された時のハピタスの画面です。

さとふる ハピタス ポイント付与画面

ハピタスは1ポイント1円で現金化できるんで、2,520ポイント=2,520円となります。

はい、これで自己負担分の2,000円がペイしましたって話です。

これで実質タダになりました。

ちなみに我が家の場合はJALマイルを集めていますので、現金化せずにマイルに交換します。

半分になってしまいますが、1,260マイルです。

陸マイラーには貴重なマイルです。

2,000円で済んでいるかの確認方法

話が前後してしまいましたが、最後にふるさと納税が本当に2,000円だけの負担なのかを確認する方法です。

まず今更ではありますが、お金がどのように戻ってくるかの確認です。

ふるさと納税は、2種類の方法でお金が戻ってきます。

①所得税の還付

②住民税の控除

①と②がいくらずつになるのかは、他の詳しく説明しているサイトに譲りたいと思いますが、どちらか1つではなく①と②の2種類となります。ちなみに、ワンストップ特例制度を利用した場合は全額が②の住民税の控除となります。

もう少し噛み砕いた言い方をすると、

①は実際に口座にお金が振り込まれます。

②はお金が振り込まれるのではなく、毎月支払うべき住民税を減額してくれます。

少しやっかいなのが②です。

実際にお金が戻ってくる訳ではなく相殺となります。

なので、お金が戻ってきた実感がなく、本当に住民税がその分安くなっているのか不安な気持ちになります。

私の周りでは、そのモヤモヤが微妙でふるさと納税をやめた友人もいます。

でも大丈夫。

ちゃんと安くなっていますよ。

 

それでようやく確認方法です。

①は簡単。通帳で確認してください。

翌年の3月末くらいに税務署から振り込まれています。

②は住民税の確定通知書で確認します。

私はサラリーマンですが、確定通知書は5月か6月に会社からもらえます。

その「所得控除」という欄のどこかに控除額が記載されています。

下の写真は私の確定通知所の実物です。

私は都民なので、区民税と都民税となっていますが、それを合わせた額が控除額となります。

そして、寄付額−( ①+② )=2,000円となっていればOKです。

私は20円ずれていましたが、細かいことは分かりません。

どうでうか?

想像より簡単じゃないですか?

まとめ

いかがでしたか?ふるさと納税。
なんかよく分からなくて、まだやった事がないと言う方は是非チャレンジしてみてください。
ちなみに寄付の限度額は収入に応じて変わりますので、事前に調べてからにしてくださいね。
それと既にふるさと納税をやっていて私と同じ「さとふる」を利用している方は、是非ハピタスを通すことをお忘れなく!
ではでは。
最後までお付き合い頂きありがとうございました。

ハピタスを知らない方はこちらからでチェック↓↓

関連記事

こんにちはFUNランナーです。『ハピタスとは』で検索して、このサイトにたどり着いてくださった方、こんにちは。偶然たどり着いてしまった方、ご訪問いただきありがとうございます。この記事では、ハピタスとは何[…]

ハピタスは、ふるさと納税以外にも使い方いろいろです↓↓

関連記事

こんにちはFUNランナーです。この記事にたどり着いて頂けたということは、あなたはハピタスのことを色々調べられているのではないでしょうか。今回は、ハピタスの使い方がいまいち分からないという方のために、我が家がど[…]