そうだ、ホノルルマラソンに出よう!【前日夜〜当日スタートまでの過ごし方編】

こんちにはFUNランナーです。

皆さんは、ホノルルマラソンって知ってますよね?

マラソンをやっている人はもちろんですが、マラソンをやっていない人でも人生で一度は参加してみたいと思うのがホノルルマラソン。

そんなホノルルマラソンに、はじめて参加する方や参加を考えているビギナーのあなたに、エントリーの仕方から大会前日や当日の朝はどうしたらいいかなど、ホノルルマラソンに安心して参加できるように、自分の経験をふまえてご紹介できればと思います。

今回はホノルルマラソン前日と当日スタートまでの過ごし方を詳しくご紹介します。

エントリーからゴール後までの一連をザックリまとめた記事でいいよ、という方はこちら↓↓

関連記事

こんにちはFUNランナーです。みんな大好きハワイ、そんな憧れのハワイで年1回開催されるマラソン大会があります。そう、ご存知ホノルルマラソンです。私は2008年に初めて参加して、その魅力にすっかりハマってしまった1人で[…]

過ごし方は基本は自由

先に身も蓋もないことを言いますが、これはエントリーやゼッケンの受け取りみたいにルールが決まっているものではもちろんありませんので、基本的にはそれぞれが好きにハワイを楽しめばいいと思います。

私はサブ3.5ランナーですが、シビヤなことは何もしていません。

好きなものを食べて、好きなものを飲んで、せっかくのハワイを楽しんでいます。

また現地でのジョギングも怪我だけは避けたいのでダッシュなどの速いスピードを出すことはしませんが、距離などは特に意識せず前日までジョギングをしています。

関連記事

皆さん、こんにちはFUNランナーです。皆さんはハワイに行ったら海沿いなんかを散歩したりしますよね?日本とは違い湿度も低く、特に朝夕は涼しくてとても気持ちがいいですもんね。私はマラソンが趣味なので、ハワイ(ワイキキ)に[…]

そう言ってしまうと話が終わってしまいそうですが、ただそうは言っても、前日の夜と当日の朝はある程度タイムスケジュールを決めておかないとけっこうバタバタしてしまいます。

今回は前日夜からスタートするまでに絞って過ごし方の1つの例としてご紹介できればと思います。

スタート時間、集合場所は?

スタート時間は朝の5時

まずホノルルマラソンのスタート時間の確認です。

スタート時間は朝の5時です。

結構早いですよね…

一体何時に起きればいいんだ?って感じですよね。

国内でそんなに早くスタートする大会はどこにもないですもんね。

でも一応賞レースなんで、招待選手が日が昇って暑くなってしまう前にゴールすることができるようになっているんでしょうがないんだと思います。

ちなみに、毎年ほぼケニアの方が優勝していますが2時間数分でゴールしています。

スタート地点はアラモアナショッピングセンター前

話がそれましたが次にスタート場所です。

スタート場所はアラモアナショッピングセンター前です。

当日は3万人のランナーがアラモアナショッピングセンター前の道路を埋め尽くします。

集合はスタートの30〜40分前くらいで

続いて集合時間ですが、基本的にスタート前であればいつ到着してもいいのですが、早く到着しても待つ時間が長くなってしまうだけですので、30〜40分前に到着する感じで良いと思います。

私はだいたい1人でスタートするので、30分前着としています。

スタート15分前くらいになるとその年の芸能人ランナーがスタート準備のため、私たちと同じゾーンに登場します。

それを写真に収めて私もスタートに備えるというのが私のいつものパターンです。

でも別に日本のマラソンと違って寒くはないので待っている間に体が冷えてしまうという心配はありません。

複数で参加している人などは早めに着いてウォーオングアップしたり、記念撮影で盛り上がったりするのもいいかもしれません。

ただまぁ、どんなに早く行っても1時間以上前に着いている必要はないと思います。

あんまり長いと待ち疲れしちゃいます。

と言うことで、スタート時間から逆算しよう

ここまでを押さえれば、あとはそこから逆算して何時に寝るかまでを決めれば以上終了です。

一応スタート40分前に到着。ホテルからはだらだら歩いて50分くらいかかると仮定すると、就寝は20時くらいになります。

  •  5時00分:スタート
  •  4時20分:到着
  •  3時30分:ホテル出発
  •  2時00分:起床・朝食
  • 20時00分:就寝
  • 18時00分:翌日の準備

時系列にそったそれぞれのポイント

翌日の準備:18時00分

後で説明しますが、レース当日の起床後は朝食を食べるだけですぐにホテルを出ることになります。

とても諸々の準備をしている時間などありません。

なので、準備は前日の就寝前までに行なってください。

特にゼッケンの取り付けは必ず前日に行なってください

マラソン大会に出たことがある人は分かると思いますが、ゼッケンの取り付けって以外と難しいです。

取り付け自体は難しいことはありませんが、ちゃんと傾かずに付けるのが結構むずいです。

朝の時間の無い中でやるとテンパります。

せっかくの思い出なのにゼッケンが傾いていたらテンション下がりますよね。

是非前日に納得がいくポジションになるまでこだわって付けてください。

その他の準備品は、以下のとおりです。

  • 翌日の朝食の準備
  • エナジージェルとそれを入れるウエストポーチの準備
  • 翌日のランニングウェアの準備

就寝:20時00分

私は最低でも6時間は睡眠を取りたいので、逆算すると20時には寝なければいけないことになります。

これ結構きついです。

今時、子供でもそんなに早く寝ません。

しかも、やっと時差ボケも解消できてき生活リズムをできてきた時に、また崩れることになります。

でも多くの人と言うように翌日のハードワークを考えるとやはりできるだけ多く睡眠をとる方が良いと思います。

頑張って寝てください。

起床:2時00分

フルマラソンはスタートの4時間前には起きて、3時間前には食事を済ませるというのが定説ですが、4時間前起床だとすると1時00分には起きることになります。

それで6時間睡眠だとする19時就寝です。

とても私には無理です。

まぁホノルルマラソンはタイムを狙うシビアな大会ではない、ということで私は3時間前に起きるようにしています。

朝食:起床してからすぐ

次に大事な大事な朝食です。

本来であればスタート3時間前に食事を終えることが理想だと言われますので、起きてすぐに食べることができればそれに近づけることができます。

「起きてすぐには無理」という方や「そもそも朝食は食べない」という方もいると思います。

でもこれ食べないと結構大変です。頑張って食べてください。

で、できればホテルを出るまでの間に排便も。

これができれば最高です。

ちなみに朝食のおすすめですが、私は日本から持っていった「カップうどん」や「カップ焼きそば」と前日に「いやすめ」で買ったおにぎりとどこでもいいので事前に買っておいたバナナを食べます。

特にカップうどんはマジでおすすめです。(写真はUFOですが…)

醤油味が恋しくなっているのと、温かい食べ物なので寝起きでも結構食べることができます。

ちなみにお湯は部屋のコーヒーメーカーで沸かしています。

コーヒーの粉袋をセットせずに使えば沸かすことができますので、やってみてください。

あと、いやすめはもともと人気ありますし、みんなお米を食べなきゃという意識がありますので、前日の夜は結構並びます。

並ぶのが嫌な人はABCストアのスパムにぎりでも十分美味しいのでそれでいいと思います。

またインターナショナルマーケットプレイスの中のMITSUWAっていう日系スーパーもおすすめです。

MITSUWAのおにぎりコーナー

お米が日本米です。

日本風のお弁当も売っているのでそれでもいいかもしれません。

ホテルを出発:3時30分

朝食を済ませたらいよいよホテルを出発です。

ワイキキの中心からアラモアナ側に宿泊している人は基本徒歩で行きます。

中心からダイヤモンドヘッド側の人はホノルル動物園前からシャトルバスが出ているのでそちらを利用することが可能です。

ですが、私は歩いていくことをおすすめします。

私はホノルルマラソンの時はゴール近くのホテルに泊まるようにしていますが、一度もシャトルバスを利用したことはありません。

関連記事

皆さん、こんにちはFUNランナーです。今回は私がよく利用するハワイ(ワイキキ)のおすすめホテルをご紹介したいと思います。私のおすすめのホテルは?私がワイキキでおすすめするホテルは、アストンワイキキビーチホテル(Aston[…]

むしろウォーミングアップになるので多少ジョギングも混ぜながら歩いた方がからだも起きてくるしいいと思います。

スタート地点ではとてもウォーミングアップはできませんし、すごい人の数でテンションもあがり自分のペースでアップなんてできません。

是非、歩いて行きましょう。

スタート地点に到着:4時20分

さあいよいよスタート地点に到着しました。

もうすでにものすごい人が集まっています。

ここでポイントは、少しでも尿意がある場合はすぐに仮設トイレにならんでください。

すでにトイレも大渋滞だと思います、

別に1分を争う走りをするつもりがなくてもトイレに並んでいるとスタートしてしまうのではないかと焦ります。

そして気疲れします。

できればホテルで出し切ってくるのがベストですが、そうもいかないと思います。

少しでも尿意を感じたらならんでおきましょう。

ホテルがまだ近ければホテルに戻るのもありです。

スタート地点の鬼混みのトイレに並ぶくらいなら、ホテルに戻った方がよほど早いです。

ちなみにスタートエリアは自己申告タイム順に下の写真のように色分けのゾーニングがされています。

国内のマラソンのようにシビアな管理はありませんが、自分の持ちタイム以上に前に行くのは周りの迷惑にもなるのでやめましょう。

いよいよスタート:5時00分

そして5時。花火の打ち上げとともにに3万人が一斉にスタート!(2019年はなぜが花火の打ち上げが遅かったです)

写真を撮りながらも良し、沿道のボランティアや応援の方々とハイタッチしながらも良し、思う存分楽しみながら持てる力を出し切って感動のゴールを目指してください。

それでは、2020年大会もスタート地点でお会いしましょう!!

 

おまけ

ちなみに私は普通のサラリーマンですが、『 ハピタス 』を始めてからホノルルマラソンを含めて、年2回、ハワイ旅行に家族3人で行くことができています。

ハピタスをしてない人はもったいないので是非やってみてくださいね。

これやらなきゃ絶対に損ですよ!

ハピタスについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので合わせてチェックしてみてください↓↓

関連記事

こんにちはFUNランナーです。みなさんは『ハピタス』って知っていますか?少し前まで南海キャンディーズの山ちゃんと俳優の葉山奨之さんがうさぎと亀の格好でCMをやっていたので、聞いたことはあるって人も多いと思います。でも[…]