そうだ、ホノルルマラソン に出よう!【感動のゴール編】

こんちにはFUNランナーです。

皆さんは、ホノルルマラソンって知ってますよね?

マラソンをやっている人はもちろんですが、マラソンをやっていない人でも人生で一度は参加してみたいと思うのがホノルルマラソン。

そんなホノルルマラソンに、はじめて参加する方や参加を考えているビギナーのあなたに、エントリーの仕方から大会前日や当日の朝はどうしたらいいかなど、ホノルルマラソンに安心して参加できるように、自分の経験をふまえてご紹介できればと思います。

今回はいよいよ感動のゴール編です。

ゴールゲートをくぐってからどの様な流れになるのかをご紹介いたします。

エントリーからゴール後までの一連をザックリまとめた記事でいいよ、という方はこちら↓↓

関連記事

こんにちはFUNランナーです。みんな大好きハワイ、そんな憧れのハワイで年1回開催されるマラソン大会があります。そう、ご存知ホノルルマラソンです。私は2008年に初めて参加して、その魅力にすっかりハマってしまった1人で[…]

感動のゴール

長く辛かった道のりを走り終え、カピオラニ公園に戻ってきたあなたは最後の長い直線へと入ります。

目では見えているのになかなか近づいてこないゴールゲートに若干イラッとしながらも、それでも沿道からの温かいエールに背中を押され残りの力を振り絞ります。

そしていよいよ感動のゴール。


長く苦しい時間からの解放され、これまで経験したことのない何とも言えない達成感があなたを包みこみます。

私は初めてホノルルマラソンに参加した時、ゴールゲートをくぐった瞬間に年甲斐もなく自然と涙が溢れてきたのを今でも覚えています。

そして、回を重ねた今でも涙は流さなくともゴール後にはやはり毎回感動します。

是非あなたも、その感動を楽しみに参加してみてください。

ゴールエリアマップ

ちなみにゴールエリアのマップはこんな感じです↓↓

下側の赤い所がゴールゲートで水色の点線にそって進んでいきます。

出典:ホノルルマラソン日本事務局公式サイト

まずはメダルを受け取ります

話を戻します。

ゴールゲートをくぐった後は、現地の若いボランティアが完走記念メダルを首にかけてくれます。

ホノルルマラソン2019のメダルはこんな感じでした。

毎年そうですが、結構しっかりしたメダルでずっしりしています。

フィニッシャーズTシャツをもらおう

メダルを受け取ったら道なりに進んでカピオラニ公園の中に入ります。

ここで座り込んでしまうとなかなか立ち上がれなくなるので頑張ってフィニッシャーズTシャツを貰いに行きましょう。
公園の中に配布場所がありますので何とかたどり着いてください。

最近3年間のフィニッシャーズTシャツはこんな感じです↓↓

デサントに変わってからデザインも生地もいい感じになりました。

完走の瞬間を動画で見よう

Tシャツを受け取ったら自分のゴールシーンの動画を観に行こう。

Tシャツをもらうテントの割と近くに大型スクリーンが設置されており、そこで自分のゴールシーンを観ることができます。

大型スクリーンはこんな感じ↓↓

正確には分かりませんが20分くらい時間を遅らせて動画を流してくれているので、Tシャツを貰ってからでも自分のゴールシーンには十分に間に合います。

また、後日Youtubeでも同じ動画を1時間毎のタイム別でアップされますので、帰国後、自分のゴールシーンを友達に見せてあげることもできます。

ちなみに芸能人ランナーも肖像権とか関係なしで普通に写ってます(笑)さすがハワイ!

フィニッシュタイム:02:00:00 – 02:59:59
何事も無かったようにさらっとゴールする大迫選手は、2:17:30秒あたり

フィニッシュタイム:05:00:00 – 05:59:59
平祐奈ちゃんは、5:24:04あたりで右側に両手をあげてゴール
アンジャッシュ渡部さんは、5:26:32あたりで同じく右側で両手をあげてゴールしています

その他にも1時間毎の動画がちゃんとありますので、youtubeで

「2019 Honolulu Marathon Finish Line」

とかで検索してみてください。10時間くらいまではあったと思います。

マラサダをもらったり、記念写真を撮ろう

ここまでが終わったら、マラサダをもらったり、JALテントやJTBなどの旅行代理店のテントが利用できる人は、そこでゆっくり靴でも脱いで体を休めてください。

また、その他にもフラガールが居て記念撮影ができたり、記念撮影してすぐに写真をプリントアプトしてくれたりする所もあるので、体力に余裕があればカピオラニ公園をぶらぶらするのも面白いと思います。

写真出典:ホノルルマラソン日本事務局公式サイト

ホテルに戻ろう

カピオラニ公園で一通り落ち着いたら、頑張ってホテルまで歩いて帰りましょう。

その後、シャワーを浴びて昼寝したらフィニッシャーズTシャツを着て、ワイキキをぶらぶらするも良し、早速ビールで打ち上げをするも良し、完走した自分にご褒美をあげてください。

翌日は完走証を受け取ろう

日本のマラソンとは違い、ホノルルマラソンは完走した後に、その場で完走証を貰うことはできません

完走証は翌日受け取ることができます。

  • 受取場所は、ゼッケンの受け取りを行ったコンベンションセンターの4Fです
  • ゼッケンを見せると完走証をもらうことができます
  • 完走証は有料でラミネート加工もしてくれますのでカチッとさせたい方は是非
  • 受取時間は、9〜16時です

その他にも「フィニッシャーズマンデー」と称して、当日は優勝者のサイン会、年齢別表彰、大会記念グッズの販売、フラダンスショーなどが行われております。

ちなみに大会の翌々日くらいに、ホノルルマラソン日本事務局から完走証ダウンロードのメールが届きます。

そこからホノルルマラソン協会のサイトにとんで、自分でダウンロード&プリントアプトすることもできますので、取りに行くのが面倒という人は自分で印刷するのもいいかもしれません。

それでは、ゴール後にあなたの人生観が変わるのを楽しみにしています!

おまけ

ちなみに私は普通のサラリーマンですが、『 ハピタス』を始めてからホノルルマラソンを含めて、年2回、ハワイ旅行に家族3人で行くことができています。

ハピタスをしてない人はもったいないので是非やってみてくださいね。

これやらなきゃ絶対に損ですよ!

ハピタスについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので合わせてチェックしてみてください↓↓

関連記事

こんにちはFUNランナーです。みなさんは『ハピタス』って知っていますか?少し前まで南海キャンディーズの山ちゃんと俳優の葉山奨之さんがうさぎと亀の格好でCMをやっていたので、聞いたことはあるって人も多いと思います。でも[…]