ホノルルマラソン 参加ガイド① 〜大会概要とエントリー〜

皆さん、こんちにはFUNランナーです。

ホノルルマラソンって知ってますよね? マラソンをやっている人はもちろんですが、マラソンやっていない人でも人生で一度は参加してみたいと思うのがホノルルマラソン。今回は、そんなホノルルマラソンにはじめて参加する方や参加を考えているビギナーのあなたに、エントリーの仕方から大会前日や当日はどうしたらいいかなど、ホノルルマラソンに安心して参加できるように、自分の経験をふまえてご紹介できればと思います。

どんな大会?

制限時間がないんです

1973年に第1回大会が開催されてから2019年12月の大会で47回を数える世界最大級の市民マラソンです。その特徴は何と言っても『制限時間がない』『7歳以上なら参加OK』ということ。さすがハワイ。懐が深いですね! しかも抽選でも先着順でもなく、申し込んだ人、全員が参加可能。来るもの拒まずです。言ってしまえばエントリー料さえ払えば誰でも参加できちゃうんです! 昨今のランニングブームで国内の主要大会は思うように参加できないですよね。そんな日本のマラソンとは違います!

初マラソンにはもってこいです

そんなとっても参加しやす大会なんで初マラソンにはもってこいです。もちろん私も人生初のフルマラソンはホノルルマラソンでしたよ。(ちなみに現在までで6回出場しています)7歳以上なら参加OKなので、親子でフルマラソンなんてのも実現可能。実際に、お子さんと一緒に参加される方もたくさん見かけます。最高じゃないですか? 想像してみてください。自分の子供とフルマラソン、ボロボロになりながら子供と手を繋いで一緒にゴールゲートをくぐる… うぅぅぅ、想像しただけで涙がでます。完全に親のエゴですが、人生最高の思い出になること間違いなしです!! それがホノルルマラソンなのです。

『でも、いきなりフルマランソンはなぁ…』という方にはレースデーウォークという10Kの部門もありますので、親子ウォークでもいいかもしれませんね。

芸能人にも会えちゃうんです

ちなみに参加人数は約3万人(フルマラソン約2万4千、10Kウォーク約6千人)うち何と日本人は約半分以上もいるんです!やっぱり日本人はみんな好きですねぇハワイが笑。

また毎年数名の芸能人がテレビの企画やプライベートで参加するので、うまくいくと芸能人と遭遇できます。て言うか多分見れます。私はいつも誰かしらをみます。ちなみに昨年はアンジャッシュの渡部さん、平祐奈ちゃん、サンプラザ中野さん、パッパラー河合さんなどが走られていました。私はスタート前に平祐奈ちゃんとハイタッチすることができました!!超絶可愛かった〜。

翌日の現地朝刊(抜粋)

 

あと日本記録保持者の大迫傑選手もお忍びで参加していましたよ。レース中、すれ違いましたがめちゃめちゃ早かったです。

 

開催時期は?

開催日は毎年12月の第2週の日曜日と決まっています。次回の開催は2020年12月13日(日)です。

日曜日の開催なので、もしあなたが私と同じサラリーマンだとすると、超弾丸の1泊3日でいったとしても、月曜日は有給を取る必要があります。どうせ行くならと4泊6日のプランで行こうとすれば、行きは木曜日の仕事終わりで21時とかの便に乗り、帰りは走った翌日の月曜日の便で帰ってきて、日本到着は日付をまたいだ火曜日、そして翌日の水曜日に会社に出勤。というような感じになります。

そうなると金、月、火の3日間も有給を取得する必要があり、我々現役世代にはちょっとハードルが高いですよね。会社の女の子から『頑張って完走してきてね♪』なんて言ってもらえる訳もなく、年末の忙しい中、冷たい視線を浴びること間違いなしです… でも!それでも参加する価値は間違いなくあります!!人生観が変わると言っても過言ではありません。まだ迷っているあなた。絶対に、絶対に出てください!損はさせません。

エントリー方法は?

エントリー方法は、ホノルルマラソン日本事務局のサイトからオンラインで行うことができます。特に難しいことはありませんので、これが一番おすすめです。でもネット環境がないという方にも郵便振替でも申し込みができるようにもなっていますのでご安心を。また、最悪、レース直近の木、金、土の3日間に限りハワイ現地でもエントリーすることも可能です。たまたまその時期にハワイ旅行に行ってて、ノリで参加したという知り合いもいるにはいます。もちろんネタにはなりますが、次に紹介しますが現地エントリーが一番金額が高いのでおすすめはしません。みなさん、余裕をもってエントリーするようにしてください。 詳しくは下記公式サイトで確認してください。

ホノルルマラソン日本事務局 公式サイトはこちら

エントリー料金は?

早くエントリーするほど安いよ

エントリー料金は下の表のとおり4段階になっています。段階的に値段が上がるようになっており、要は早ければ早いほど安いという感じです。安いと言ってもアーリーエントリーで23,000円なので高級マラソンであることに変わりはありませんが… 国内で20,000円を超えるマラソンはさすがにないですもんね。しかもどんどん値上がりしています。私が初めて出たときは第1期で15,000円くらいでした。それがいまじゃこの値段っ。いったいに何にそんなにお金がかかるのか謎ですが、まぁその辺りは目をつぶりましょう。だってホノルルマラソンなのですから。

ということで、下の金額はあくまでも昨年の金額です。次回はこの金額に据え置かれるかもしれませんし、値上がりするかもしれません。いずれにしても、要は、少しでも行く気があるんであれば10日間しかないアーリーエントリーの期間を逃さず、そこでエントリーしなさいってことです。もちろん私はいつもそうしていますよ。

 

アーリー

4/16~4/25

第1期

5/15~10/16

第2期

10/17~11/12

最終

レース前3日間

フルマラソン23,000円28,000円33,000円US$380
10K8,000円9,000円10,000円US$100

 

 

 

 

限定Tシャツも購入しちゃおう

ちなみにアーリーエントリー期間に限りホノルルマラソン限定のトレーニグンTシャツを購入することができます。生地はペラペラで単体で着るには正直しんどい感じですが笑、それを買って練習の時のテンションをあげるのもいいのではないでしょうか。実際に何人か練習の時に見かけました。もちろん私は買いましたよ。下の写真がそのTシャツです。

税込価格:3,780円
フィニッシャーズTシャツはサイズに注意

あとTシャツついでに大事なことを1つ。エントリーの時にフィニッシャーズTシャツのサイズを申告するんですけど、これUSサイズなんで1サイズ小さいものを選択することをおすすめします。1度それを忘れていつもと同じサイズにしたらダボダボでした。せっかくの思い出の品なんでサイズが合わないと地味にショックです。みなさんは気をつけてくださいね。